三条通り橋本商店街

三条通橋本商店街
【橙】天平人

三条通り橋本商店街は、春日参道でもある三条通りで猿沢池に最も近く、ならまちや奈良公園への玄関口です。かつて、町の南側を流れている菩提川に小さな橋が架かっていたことから「橋本町」という名前がつけられました。
橋本町は昔から奈良の中心地と考えられており、古くは明日香の藤原京から平城京への奈良盆地を南北に縦断する三本の幹線道路のうち、「上ツ道」と「中ツ道」が、今の橋本町の東と西で三条大路(現在の三条通り)と交わる交通の要地でした。
江戸時代には旅籠もでき、土産店も軒を並べるようになり、それに加え、奈良特産「奈良晒」の布丈・尺幅の検査をする「奈良布判所」や奈良町奉行所の「ご高札場」が設置され、南都の自治を担う「南都惣年寄中間惣会所」もあり、まさに奈良町の中心地となっていきました。
明治になると奈良町最初の郵便局が橋本町に開局され、奈良県が大阪堺県から分離独立するとともに「奈良縣里程本標」が設置され、いよいよ中心地としての地位を保持致しました。

橋本商店街には、復元された「高札場」と「奈良縣里程本標」ございます。
古くから、法令や通告を人々に伝達する方法として立て札が利用されており、奈良町にはかつて数箇所に高札場がありましたが、中でも橋本町のものは特に大きくつくられていました。
現在のご高札場は昭和59年に再建されたもので、そこに書かれている文章は、完全復元したものもあれば、新しくユーモラスに書かれたものもあります。
高札場のあったここ橋本町が県内諸街道の起点とされ、全国の道路の距離を正確に測定し道路状況を把握するための「奈良縣里程本標」が明治21年に設置されました。
当初の設置場所は約二十メートル西方(もちいどのセンター街入り口)にあり、現在は歩道に旧設置場所を示すプレートが埋め込まれています。
観光に来られた方々に見ていただきやすいように、大正9年の道路法制定時に設置された「奈良市道路元標」と共に、現在の場所に移し平成22年に復元しました。

興福寺の鐘の音が聞こえる街、三条通り橋本商店街。
猿沢池に入水した采女を慰める神社「采女神社」、近代モダンな建物「南都銀行」など多くの歴史ある建造物があります。
現在午後5時より、三条通りにあるハナミズキに球型の白色LEDイルミネーションの点灯を行っており、猿沢池から眺める橋本商店街もまた、風情を感じさせてくれます。
ならまち・奈良公園に行く際には、個性豊かなお店が並ぶ橋本商店街で、お買い物をお楽しみください。